フラックスオイルの効果効能wiki

人気のフラックスオイルの効果効能をご紹介!

5月
23

フラックスオイルの効果と使い方について

Posted under Uncategorized by jojojo

フラックスオイルとは、成熟した亜麻の実から抽出される黄色い乾燥油で、中央アジアの比較的寒い地方で生産されます。フラックスオイルで、青魚に多く含まれるオメガ3という必須脂肪酸が豊富に摂取できます。こどもはオメガ3が不足すると肌荒れの症状が現れます。これを放っておくとひどくなってアトピーになる危険があります。オメガ3を摂取すればアトピーが改善されます。また、フラックスオイルには、不飽和脂肪酸の一つである、αリノレン酸が含まれており、これは抗炎症作用や抗アレルギー作用があると言われており、花粉症やアレルギーに効果があります。不飽和脂肪酸は、内蔵脂肪を減少させたり、高血圧を改善したりする効果があります。さらに海外では1950年代からフラックスオイルを糖尿病対策に利用しています。飽和脂肪酸を摂取しすぎると、脂肪の蓄積やコレステロール値、血糖値の問題が発生します。そこで、脂肪が蓄積しづらく、血糖値を抑制する働きのある不飽和脂肪酸を摂取します。動物性脂肪ではないので、カロリーも抑えられます。フラックスオイルの使い方は簡単で、通常の料理の中で取り入れることができます。しかし、加熱するとこれらの効果は発揮されず、酸化した油になるので、ドレッシングとして使用するのが最適です。直接スプーンで摂取しても構いません。1日スプーン一杯程度が目安です。また、フラックスオイルは、一度開封したら、冷蔵庫に保管します。

Comments are closed.